お買い物

コンフィチュール製造工程

Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)

Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)

コンフィチュール製造にあたり国内に構えたアトリエは、みどり豊かな土地「軽井沢」。
軽井沢は、《パティスリー・サダハル・アオキ・パリ》のパティシエ、青木定治氏が幼少の頃から
馴れ親しんでいた土地で、パリに移住してからもよく足を運んでいた大好きな場所だそうです。

Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)

Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)

フランスのパリを拠点に活動している青木定治氏ですが、現在はこのアトリエで
コンフィチュール製造に注力。自ら農園に訪れ出会ってきたフルーツを使い、
新しいコンフィチュールのレシピを作り続けています。

昨年から多くのお店が休業や時間短縮を余儀なくされ、出荷する場が減少しつつある
国内生産のフルーツ。《パティスリー・サダハル・アオキ・パリ》によって
フルーツの美味しさが凝縮されたコンフィチュールになるのです。

Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)

コンフィチュールには2種類の氷砂糖をたっぷり加えます。
それによりフルーツが脱水されるため、しっかりとした甘さがありながらも
フルーツの美味しさが引き立った仕上がりに。

Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)

また、炊き上げる時間を短くすることで、
まるでソースのようになめらかなテクスチャーになります。この、フルーツ本来の
美味しさを生かした製法は《パティスリー・サダハル・アオキ・パリ》のこだわり。

Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)

また、フルーツの美味しさを活かしたコンフィチュールにするため、酸味も大切にしています。

生で食べて甘くて美味しいフルーツは、コンフィチュールにすると味がぼやけてしまいがち。
甘みだけでなく酸味や苦味も生かして炊き上げることで、フルーツの美味しさをまるごと楽しめる
味に仕上がります。オレンジなどフルーツを皮付きのまま使用しているのもこうした想いから。

Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)

また、フルーツのカットからパティシエの手作業で行い、あえて大小不揃いな実が残るようにするなど工夫を凝らしています。

Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)

こうして毎日600~700瓶ものコンフィチュールが軽井沢のアトリエで作られ、国内の直営店舗へ。
炊きあがったものは新鮮なうちにすぐに出荷されていきます。

Bleu Bleuet(ブルーブルーエ)

>ページに戻る

最近チェックした商品

view all